アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ガマクジラが行く
ブログ紹介
ガマクジラの雑記ブログ
zoom RSS

内柴正人、キルギス柔道連盟の総監督に就任

2018/07/29 10:18
 柔道男子66キロ級で、2004年のアテネ・オリンピックと2008年の北京オリンピック2大会連続金メダルを獲得した内柴正人(40)が、キルギス共和国柔道連盟の総監督に就任したそうです。

 中学時代から注目され、柔道の名門国士舘高等学校に入学。国士舘大学、旭化成と柔道のエリートコースを歩みました。1999年には嘉納治五郎杯男子60kg級で優勝、2000年には世界大学選手権男子60kg級で優勝。その後もユニバーシアード男子60kg級、講道館杯男子60kg級、全日本選抜柔道体重別選手権男子60kg級で優勝。

 2004年に開催されたアテネ・オリンピックの柔道男子66キロ級、そして2008年の北京オリンピック同階級で金メダルを獲得、オリンピック2連覇を達成しました。

 2010年に現役を引退しましたが、同年から九州看護福祉大学女子柔道部のコーチに就任し、翌年1月には客員教授に就任。しかし、同年11月女子部員に対するセクハラがあったとして懲戒解雇され、12月には準強姦容疑で逮捕。2013年に懲役5年の実刑判決が下り、2014年に最高裁で刑が確定。全日本柔道連盟からは会員登録永久停止処分、つまり永久追放処分を受けました。

 週刊誌の報道では、北京オリンピック直前に酒に酔って暴力沙汰を起こし、相手に怪我を負わせて内密に処理したと言う話もあります。キルギスで不祥事を起こさなければいいのですが。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ガマクジラが行く/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる