アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ガマクジラが行く
ブログ紹介
ガマクジラの雑記ブログ
zoom RSS

参ったをせずに落ちろと指導

2018/04/23 22:02
 福島県立光南高校の柔道部で、男子部員に男性コーチ(22)が絞め技をかけ、「参ったするくらいなら落ちろ」と指導していたそうです。

 「落ちる」と言うのは、格闘技用語で失神すること。柔道の絞め技は呼吸や脳への血流が阻害されるので、そのままだと失神します。通常はその前に参った、つまりギブアップするわけですが、同部の顧問は降参することを良しとせず、落ちるように指導。コーチもこの指導方針に従い、実際に男子部員を3回続けて失神させるなどしていました。

 顧問は他にも、部員に暴力を振るうなどしていたと言う事で、校長は不適切な指導として顧問を厳重注意処分。顧問とコーチは1月以降、部の指導はしていないと言う事です。

 コーチは「自分も落とされて鍛えられた」と学校側に説明したそうですが、落とされると何が鍛えられるんでしょうか?。なんと言うか、親から虐待を受けて育った人間が、自分が親になった時子供を虐待するようになると言う話を思い出しました。

 こう言うのは、外部からの強制力で断ち切らないと駄目なのかも知れません。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ガマクジラが行く/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる